がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(5)休み明け&全クラスで通用する話
全クラスで通用する話


「休み明けの馬は、人気で疑って、人気薄で買う」

何を当たり前な、と言われそうですが、南関東では特に大事です。
最近は中央でも1年ぐらいの長期休養明けの馬が馬券になるようになりましたが、
南関東でその手の馬が馬券になる確率は、中央の比ではありません。なぜでしょう?

ここまでお話してきたことでだいたい察しがつくと思いますが、
【半年に1回降級】するということは、1年休むと【降級を2回挟む】ことになります。
そうすると、ほぼ確実にクラスはひとつ下がります。

クラスがひとつ下がるということは、組で考えれば5組や6組、
いや場合によっては10組ぐらい相手関係がガタンと落ちることになります。
中央の降級とは相手関係の下がり方が比べ物になりません。

はっきり言って、自分なら人気薄なら即買いです。5/25のピサノロダンがいい例ですね。

あとはいろいろ細かく狙い方はありますが、
基本としてこれぐらい押さえておけば十分でしょう。

あとは、自分で馬券を買って、やられながらでないと実感できないことが多々ありますw

JRAと違い、地方競馬はレースリプレイがタダですぐに見れますから、
本気で取り組む気持ちがあるなら、全部とは言いませんが、ある程度は見るクセをつけましょう。

それだけでだいぶ違うはずです。
中央と違い、地方競馬は似たようなメンバーで走ることが多いですから、横の比較は大切です。


(注)ただ、「展開」と「実績」を毎回同じ天秤にかけてはいけません。実績も、パッと見の前5走程度だけではなく、過去1年分ぐらいをしっかりチェックすることが必要です
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。