がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(2)三歳
・3歳

一番難しく、高配当になりやすい条件は間違いなくここです。
理由は簡単、「区切りが細かすぎる上に頭数が多いから」です。
例えば5/23の1Rを例に取ると、「18万円以上43万円未満」と、幅がたった25万円しかありませんw
この条件の2着賞金が42万円ですから、2着を1回取っただけでクラスが1枚上がります。
当然実力差はきわめて接近し、しかも1200mで14頭とか16頭でやると、当然紛れます。


では具体的に何を基準にして考えるか?ポイントはいくつかありますが

・今回走る条件と同等以上の設定額のレースでの実績がある馬
・キャリアの浅い馬
・新馬戦が好内容の馬

穴馬はこの中にいる可能性が高いです。あとは展開利のある馬ぐらいでしょうが、実績とは違うので割愛。
特に見落としがちなのは、一番上の項目で、たとえ着順が悪くても中身のあるレースをしている場合。
こういう馬は、負けが続いて相手関係が楽になった際、
騎手が代わったり、ブリンカーをつけたりといった何かのきっかけで急変することがよくあります。

キャリアの浅い馬、というのは簡単な話で
「10回走って200万しか稼げない馬」と「2回走って200万稼げる馬」のどっちが強いかということです。
もちろん単純に後者と断言できる訳ではありませんが、当然確率的には後者の方が断然上です。
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。