がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
園田の見解さんの一言
【ナイターと園田の未来】

競馬キンキの北防TMが言っていた通り
園田競馬場のナイター化のお話が進んでいるようです。
組合としては、今年実施しなかった姫路競馬を実施して、その間に工事、
そしてナイター競馬、さらにそれにより、再来年はJBC誘致となると思います。
しかし、ナイター実施は、前向きな話ではあるが、
全てが終わる可能性を秘めた最後の手段だと思います。
このことにより、成功とは言えなくても、少しでも利益が上がれば良いのですが・・・。
最近、急に若手騎手の撤退が目立ちます。騎乗機会が恵まれない若手が嫌気をさしたとか
勝負の世界での負け組が去ったとか、まあ色々言われますが、やっぱりそうでしょうか?
去っている原因は、組合に入ってみて、思った以上のドロ船状態に
将来が見えなかったからではないでしょうか?

私は、10年後、園田姫路競馬は廃止されていると思います。

それぐらい、私がバクチを始めた8年前とは、雰囲気が雲泥の差、
どうにもならないヒドイ状態だと思います。
完全な老人ホーム(失礼な表現ですいません)です。
組合の経営努力が足りないからでしょうか?人件費が高いのでしょうか?
まだまだ節減できることがあるはずなのに、それをやらないから
売り上げが伸びていないのでしょうか?絶対に違います。
日本という国自体が沈んでいますし、これからもどんどん沈んでいくので
生きるために不要なものはどんどん切られていきます。
私のような、お金も持っていない貧乏人ばかりが張り付いていますので、
厳しくなるのは当たり前です。生きる力の弱い人間が集まるところには、
パワーも生まれません。つまり、もう消えてなくなる宿命なのです、時代が変わったのです。

私も50を超えていますし、老人の部類に入ると思いますが、
別の時代の流れに乗ることにしました。
来月から平日に全てアルバイトをすることになりました。
よって、園田競馬から完全撤退することにしました。
それでも、無職状態は変わりなく、厳しい生活がつづきますが、まあ、残り少ない人生
今の生活を続けて、野垂れ死にすることになります。
それでも、来週だけは頑張りますよ、最後の良い馬券を取りたいですね。

【園田か人生か】

園田競馬は、同じような距離、ダートのみ、同じ競馬場、調教の強弱がハッキリしている、
このようなことから、荒れた馬券でも、ある程度のパターンが決まっていますので、
少ない投資でソコソコの配当が簡単に取れることがあります。
ただ、これも、時間をかけて経験を積まないと、そんなにうまくいくものではありません。
毎日通学して、専門紙をよく読んで、必ず馬券を買って、レースをきっちり見る、
つまり園田競馬場に張り付く人生を敢行しなければなりません。
そんなこと、仕事をしている人には無理ですし、
私のような社会的に厳しい立場にいる人間(世捨て人)しか無理でしょう。
その私も、これからはさらにその立場が制限され
園田競馬にかかわる時間が少なくなります。時間をかける事が出来なければ
馬券で楽しむ事は出来ても、お金は捨てていくことになります。
つまり、馬券で良い思いをすることは、絶対になくなります。

勝てなくなる、負ける状態ばかりになります。

今、ギリギリの生活をしている私には、そんな余裕(負けても構わない)はないです。
事実、今年から土曜日のJRAを頑張ろう!
今まで、園田競馬で経験した馬券術を生かそうそう思って挑戦したのですが無残でした。
ぜんぜん当たらないです。即やめました。
時間をかけられない園田競馬もいっしょ、もう絶対に勝てないはずです。
よって、しばらくは競馬ともお別れ、また、機会があれば頑張りたいですが、
もう廃止されて、その機会もないでしょう。

ミスターシービーで感動して競馬を本格的に始めて、こんなおもしろいレジャー、
もっと世間に広まるだろうと思って、そのとおりになって、武豊の登場、
オグリキャップやナリタブライアンで頂点、

私が競馬を始めた頃と盛り上がりが全然違います。

時代の流れ、JRAすら厳しくなる時代が来るとは・・・、まさかまさかの世の中になりました。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。