がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船橋の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである

【船橋 馬場情報】  1/10~9/28

☆馬場が一番重いのが1/10~1/14これを±0とし基準に
ーの数字が増えるほどタイムが早く軽くなる。
【フラット】=1/10~1/13,3/12、4/2、4/30
【-1.0秒程度軽い】=2/6、2/10、3/13~3/16、4/4,4/6
             8/8~10 7/19~23 9/3(左記3つ内側重め)、
             9/27、9/284R以前  
【ー2.0秒程度軽い】=2/7~2/9 9/4.5 9/24 9/28 5R(確実なのは6R)以降
【-3.0秒程度軽い】=6/18~21 9/25 9/26

【注】④の馬場までは、フサイチアデクタムのような最後方待機の追込
が決まるが、⑤の馬場はそういうのを超越してるので
素直に前で残れる馬を探したほうがいいと思う

【注2】9/27・9/28の前半の結果については
    騎手が馬場をわかってなくてたれたパターンも考えられるので
    あまり参考にしないほうがイイ。-0.5から-1.0の重さ。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。