がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能試、調試② 実践編
①「再能試の馬は買うな」

一度不合格になった馬も次の試験で合格すればデビューできます。
しかも2回目の試験は、「場慣れ」と「ジョッキーもかなり強めに追う」ことで、かなり速い時計が出ます。
例えばデビッドタイガーは、1回目54秒7→2回目50秒9と一気に詰め、
初戦で3番人気に支持されましたが、大きく離れた6着でした。
参考URLココ



②「試験からの間隔」
試験に合格した馬は、次の開催でデビューするのが普通です。
実戦形式で走らせるところまで仕上げたのですから当然です。

ところが中には合格したあと、間隔を空けてデビューする馬がいます。
これはほとんどが中間アクシデントやソエなどで一息入っており、一旦馬を緩めています。
「新馬を仕上げ直す」というのはとても難しく、馬体重が大幅に増減している馬もいたりして、
ほとんどの場合、初戦は大敗します。

となると、だいたいこれで人気がガタンと落ちます。試験を好タイムで走っていても、です。
しかし、初戦を使ったことで大きく変わる馬もいて、こういうタイプが2戦目で穴を開けます。
試験のタイムだけに囚われることなく、柔軟に考えましょう。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。