がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能試、調試①総合
南関東の調教試験・能力検定について

中央競馬と違い、地方競馬はどこでも未出走馬の場合、
実戦を走る前に一定の距離を基準内のタイムで走る試験に合格しなくてはなりません。
これが能力検定です。これを実施することによって、最低限の能力を担保しています。

南関東の試験についてはココで確認出来ます。
試験内容には未出走馬の「能力」だけではなく、
他場からの転入馬や実戦が半年以上開いた馬の「調教試験」、
また枠入り不良や真っ直ぐ走るかどうか、タイム以外にもチェックがある「その他」があります。

検定にはもちろん合格と不合格があり、合格しないと実戦を走ることは出来ません

例えば6/3浦和2Rを例に取ると

オールムーン 1月21日浦和能試 1300m1分33秒0 不合格
グリンカンプ 1月21日浦和能試 1300m1分33秒2 不合格
デビッドタイガー 12月28日船橋能試 800m54秒7 不合格

と、3頭も不合格履歴のある馬がいます。これらはみな、タイムオーバーのためです。

【新馬戦の買い方】by265の人

1200mは結構差しが届くのが大井ですが、さすがに大井1000mはそうはいきません。
逃げ先行が圧倒的に有利です。
なので、能試の内容を見る時は、トータルタイムと同じくらいに
「最初の1ハロン」が重要です。(これは専門紙で確認するしかありません)
馬体派・血統派の人以外は、新馬に関して言えば、できれば新聞があった方がいいと思いますね。
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。