がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川崎の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである
【川崎 馬場情報】  6/11~1/1(9月除く)

◎馬場が乾くのが早い競馬場。1日で1秒近く重くなったりする。

①【フラット】 7/25~ 8/20~24 10/15,16,17(1-5R)11/4.5
        12/17(道中最内が-0.5程度有利、34角直線クソ重いパワー必須特殊馬場例外扱い推奨)
        12/18~21             
②【-1.0秒程度軽い】=6/15.10/17(6-8R) 
③【ー1・5秒程度軽い馬場】=9/6 7/24(②かも)
④【ー2.0秒軽い馬場】=6/14. 7/2、7/5、7/6,10/17(9-11R)、11/8.11/9(内側やや重)
                1/1
⑤【-3.0秒近くレコード馬場】=6/11.12.13 特に12日は早すぎる
                    7/3、7/4.10/18.10/19、11/6,11/7(最内重)

11月開催の雨降って不良になった火曜日以降はこういう馬場の経緯
------------------------------
雨降った日→不良内外フラットー3秒
1日経過→内側重くなるけど外通れば-3秒程度
2日経過→内外フラットー2秒程度
3日経過→内側重くなっても外通れば-2秒程度
---------------------------------------
内側から乾きやすいのかな川崎は。断定はしないけどメモ

#⑤の日のタイム、ラップは信用しないのが無難
川崎の雨降ったあとの【普通】の軽い馬場は④
ここからは妄想だけど4月以降馬場はイジられてると思う。
1.2.3月の雨ざんざんぶりの不良馬場と比べて
同じような雨量でも1秒以上早くなってる。
#フラット日は他の日と全く別の考え方が必要
①出るタイムはフラット馬場、外の方がほんの気持ち良い程度。
 馬の持ちタイム比較は信頼出来るのは同じ馬場の10月15,16,17の前半と 11/4.5
 8/20~24は気持ち程度の参考。
②1400・1500はペースが早ければ差しズブズブ、スローならいったいった&まくり
 スローの際は先行馬は瞬発力があるかが大事。まくりは外枠でないときびしいかも。
③1600は上を基本に差しに比重を傾ける感じ。
④今開催はハイペースタイプの逃げ馬は相当きびしい。
 スパンティークが良い例。脚をためれても、キレないので
 先行勢力に刺されてしまうから。
 スタミナか瞬発力か、どちらかを持っていないとダメ。
⑤直線で上がりが無駄にかかるので、差しが基本買える開催になる。

【川崎基本チェックポイント】

①逃げれるかどうか、テンの速さをチェック。
②逃げ馬のペースに対応できるか、Hペース型か瞬発型か。
スポンサーサイト
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。