がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大井の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである

【大井 馬場情報】7/29~12/31

【馬場時計差】

砂80ミリ時(マイナスは数字が増えれば増えるほど軽い)
【-1.5~-2秒】9/20の序盤 11/27の序盤
【フラット】→7/29~8/2、8/12~8/17 8/27~31
        9/17,18,9/20の7~11R(気持ち軽めで)
        10/22.24.25.26      
【+0.5秒】11/11と11/16 12/27~28(但し両日最内は-1秒クラス)
       12/29(フラット)   
【+1秒】9/19、9/20の後半9/21.10/1~10/5
     11/12~15(最内重)、10/23、11/25?
     11/26~30 12/30,12/31の6R以降

【前半高速馬場】12/31の1~5R

・但し、プラス1秒の日の前半の1~3・4Rは
高速馬場であることが多いので気をつける。
10/23は保留で。

・+0.5の日は最内が軽いか、向こう正面が軽いかなど
 微妙に変ってる理由があるからそこに注意する。時計だけで考えない。

------------------------------------------ 
        
【馬場の特徴】
①乾いてると軽い
②湿ったら向こう正面~コーナーが重くなる(1,2日は内側も軽くその後重くなる
③湿ったら上がりがかかるようになる。
④雨が降ったら基本的に出る時計はプラス1秒。
  でも1200以外は軽い部分でスローだったりすると
  より時計がかかったり、早ければ時計が普通と変わらなかったりする。
⑤前述の事から馬場の軽重は1200で確認するのが一番イイ。
⑥+0.5秒馬場の日は向こう正面が軽くなってるという意味合いが強い。
  脚質的には+1秒でダメだったまくりや差し馬が生き返る。
  内側が重いなら先行は買えないが、フラットなら前のほうが基本有利
⑦不良馬場の日の持ち時計、1~4Rのモノなら
  疑ってかかるべしべし。例外的に早い。
----------------------------------------
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。