がめおべあ
地方競馬のお勉強スレのまとめです。ここにある情報は絶対に正しいとはかぎりませんが、何かの役にはたつかも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【目次】
地方競馬のお勉強スレにおける神々の発言のまとめ&BKNの公私に渡るデーターベース
各地方毎のまとめになっていますのでお好きな地方を選んでください
まだリンクができてない地域があるのは勘弁


①【大井・船橋・川崎・浦和】2013 1/1 NEW!!

②【園田】

③【門別】

④【名古屋・笠松】

⑤地方競馬ちょっとコラム

BKN編集日記  2013も毎日更新!!
スポンサーサイト
【大井・船橋】における目次【川崎・浦和】
(1)総合
中央競馬と違ってクラス分けが細かい上に、
その中でさらに「組」分けされる地方競馬は、
1つ勝つと相手関係が平気で3枚も4枚も強化されます。
そうなれば当然負け続ければ相手が楽になってくる訳で、穴馬はだいたいそういう馬です。

かつてその馬がどのくらいの条件でどんな馬を相手にしてきたか?
それを丁寧に調べないと的中率は大きく下がります。
特に「組」の多いC2・C3・3歳未格付などはその典型です。


その「相手関係」を考える上で重要なのが「格付」です。
http://www.nankankeiba.com/info/qanda/program.html#qa02

南関東は中央と違い、何度も降級の時期があります
2歳時にポンポンと勝った馬がその後全く勝てずに結局C3、なんてことはザラにあります
極端な例を挙げれば、3歳6月までに1000万稼いだ馬は一旦B2に格付されますが、
その後賞金を加算できなければ、7歳1月にはC3まで下がってしまう訳です
(普通こんな馬はほとんどいませんw)

この「降級の仕組み」をきちんと把握しておくことが大切です。

では、具体的にクラス別に、「どんな馬を狙うべきか、どんな馬が不利か」
を簡単に書いていきます。全クラスに共通する馬券作戦もありますが、それは最後に。
(2)三歳
・3歳

一番難しく、高配当になりやすい条件は間違いなくここです。
理由は簡単、「区切りが細かすぎる上に頭数が多いから」です。
例えば5/23の1Rを例に取ると、「18万円以上43万円未満」と、幅がたった25万円しかありませんw
この条件の2着賞金が42万円ですから、2着を1回取っただけでクラスが1枚上がります。
当然実力差はきわめて接近し、しかも1200mで14頭とか16頭でやると、当然紛れます。


では具体的に何を基準にして考えるか?ポイントはいくつかありますが

・今回走る条件と同等以上の設定額のレースでの実績がある馬
・キャリアの浅い馬
・新馬戦が好内容の馬

穴馬はこの中にいる可能性が高いです。あとは展開利のある馬ぐらいでしょうが、実績とは違うので割愛。
特に見落としがちなのは、一番上の項目で、たとえ着順が悪くても中身のあるレースをしている場合。
こういう馬は、負けが続いて相手関係が楽になった際、
騎手が代わったり、ブリンカーをつけたりといった何かのきっかけで急変することがよくあります。

キャリアの浅い馬、というのは簡単な話で
「10回走って200万しか稼げない馬」と「2回走って200万稼げる馬」のどっちが強いかということです。
もちろん単純に後者と断言できる訳ではありませんが、当然確率的には後者の方が断然上です。
(3)C2&C3

まず基本的に「4歳馬が弱い」(特に上半期)ということが重要です。
それはなぜか?賞金額の設定にヒントがあります。

例えば5/25の大井1Rを例に出してみましょう。
どのくらいの賞金額の馬がC3では一緒に走っているのか?

-----------------------------
4歳馬:145万~165万 
5歳馬:380万~410万 
6歳馬:600万~650万 
7歳馬:920万~980万
-----------------------------
この時期の4歳馬は、デビューから1年半ぐらい経っている馬がほとんどです。
1年半かけてやっと150万稼いだ馬が、来年5歳になってこの組で戦うためには、
1年間で約250万ぐらい稼がないといけません。

理屈としては分かりますよね?
もちろん例外はあります。キャリアの少ない馬や転入馬は当然別の話です。
でも、基本はこういう理論になるんです。

さらにこの理屈を補足すると、「2・3歳戦の賞金>C2・C3の賞金」というのがあります。
とにかく南関東の賞金は2・3歳馬にやさしい設定です。
今週の大井開催を例に挙げると、3歳未格付戦は最下級でも1着賞金が120万円ですが、
C3クラスは一律80万円、C2クラスも平場は一律100万円です。

要するに、C2・C3に格付された3歳(年明け以降4歳)馬は、
「相手が一気に強くなる上に、自分は実力以上の賞金を稼いだ状態」で戦うことになります。

そんなもん、通用しなくて当然ですw

それでも見た目の着順がいい3・4歳馬は人気になりますが、8割方消えてくれます。
こうやって高配当が出る訳ですが
理屈を把握してる人間にとって穴でもなんでもありません。
(4)C1以上
今度は話が真逆になります。



基本的に「格付されたばかりの3歳馬は結構強い」です。

7月になると、400万以上(600万未満)稼いでいる3歳馬が一斉にC1へ格付されます。
すると今度は、


「1年経たずに400万以上稼ぐ能力がある3歳馬」

                VS

「1年間でだいたい200~300万ぐらい稼ぐ古馬」のマッチアップになります。

3歳戦は賞金が高いのでストレートに全部通用する訳ではありませんが、
中にはクラシック路線で活躍した馬を相手に健闘した実績の持ち主なんかもいるので、
C2・C3とは訳が違い、3歳馬が平気で馬券に絡みます。


このあたりをうまく見極め、「過剰人気か、そうでないか」を考えることが大事です。
(5)休み明け&全クラスで通用する話
全クラスで通用する話


「休み明けの馬は、人気で疑って、人気薄で買う」

何を当たり前な、と言われそうですが、南関東では特に大事です。
最近は中央でも1年ぐらいの長期休養明けの馬が馬券になるようになりましたが、
南関東でその手の馬が馬券になる確率は、中央の比ではありません。なぜでしょう?

ここまでお話してきたことでだいたい察しがつくと思いますが、
【半年に1回降級】するということは、1年休むと【降級を2回挟む】ことになります。
そうすると、ほぼ確実にクラスはひとつ下がります。

クラスがひとつ下がるということは、組で考えれば5組や6組、
いや場合によっては10組ぐらい相手関係がガタンと落ちることになります。
中央の降級とは相手関係の下がり方が比べ物になりません。

はっきり言って、自分なら人気薄なら即買いです。5/25のピサノロダンがいい例ですね。

あとはいろいろ細かく狙い方はありますが、
基本としてこれぐらい押さえておけば十分でしょう。

あとは、自分で馬券を買って、やられながらでないと実感できないことが多々ありますw

JRAと違い、地方競馬はレースリプレイがタダですぐに見れますから、
本気で取り組む気持ちがあるなら、全部とは言いませんが、ある程度は見るクセをつけましょう。

それだけでだいぶ違うはずです。
中央と違い、地方競馬は似たようなメンバーで走ることが多いですから、横の比較は大切です。


(注)ただ、「展開」と「実績」を毎回同じ天秤にかけてはいけません。実績も、パッと見の前5走程度だけではなく、過去1年分ぐらいをしっかりチェックすることが必要です
(1)大井
1200m→意外と外の馬が逃げていったりしますが、

1400m→旧阪神1600のようなポケット発走なので、もし同型がいると外から叩くのは苦労します。

1500m→単純に1コーナーまでの距離が短いです。


1400と1500は外枠先行は不利と考えておくといいでしょう
(2)船橋
船橋:1200m

船橋は1200mがポケット発走です。これも外の逃げ馬が振られます。

(4)浦和
浦和:1600m

有名なデタラメコースです。3コーナーのコース上に堂々とゲートが設置されますw
1500mもポケット発走なのですが、本当にすぐコーナーなので、むしろインの差し馬が押し込められます。
(1)「逃げ馬騎乗時の騎手分類」
「強硬主張型」(外からでもガリガリ来るタイプ)
的場文(差し馬を突然前に持って行く奇襲もある。大井1400・1500で内枠時注意)
真島(番手で折り合える馬はともかく、逃げベストの馬は多少速くなっても主張する)
町田・水野・繁田(行くと決めたら引いてくれない)

「枠なりベース型」(インなら主張、外なら折り合うことが多い)
戸崎(スタートがうまいので自然と前にいることが多い)
森(態勢が決まれば無理には来ない。好位でうまく位置取るタイプ)
今野(外から無理やり逃げることはかなり少ない。外の2番手で揉まれない競馬を好む)
本橋・山崎(地元では強引に来ることもあるが、他場では滅多に見ない)

「競り合い回避型」(同型が来ればあまり抵抗せずに通すタイプ)
御神本(典型例その1。自分の内で主張する人がいれば9割方控える。)
石崎駿(典型例その2.逃げ馬以外で逃げたりするようなことはまずない)
山田信(そもそも逃げ馬に乗らない)

「その他(まあいろいろと)」
張田・左海(前者はやる気次第。後者は逃げないと馬券にならない人)
酒井(人気の逃げ馬に騎乗→出遅れを繰り返す。◎では買えない)
佐藤博(訳わからんところで逃げたりする。基本的には前へ行く騎手)

浦和所属の騎手はおしなべて逃げ先行馬で穴候補というイメージありますね
水野を筆頭に岡田、橋本、加藤和あたりが面白い騎手です

繁田はちょっと壁にぶち当たってる印象があります
前はもっと積極的に逃げたりして単勝万馬券クラスの穴を年に数回出してたんだけど
最近はそういう雰囲気が薄れてきている

大井で上位騎手以外だと達城・矢野かな?
柏木・赤嶺も前はよく狙ってたけど最近はどうもイマイチな感じ
園田対策
①クラス別攻略
(1)総合
(2)三歳戦
(3)C2&C3
(4)C1以上
(5)全クラスで通用する話

②コース特徴

(1)総合
(2)1400
(3)1700


③各騎手の特徴
(1)総合

④ぼきんと園田の見解さん流園田予想

能力試験、調教試験について
能試、調試①総合
南関東の調教試験・能力検定について

中央競馬と違い、地方競馬はどこでも未出走馬の場合、
実戦を走る前に一定の距離を基準内のタイムで走る試験に合格しなくてはなりません。
これが能力検定です。これを実施することによって、最低限の能力を担保しています。

南関東の試験についてはココで確認出来ます。
試験内容には未出走馬の「能力」だけではなく、
他場からの転入馬や実戦が半年以上開いた馬の「調教試験」、
また枠入り不良や真っ直ぐ走るかどうか、タイム以外にもチェックがある「その他」があります。

検定にはもちろん合格と不合格があり、合格しないと実戦を走ることは出来ません

例えば6/3浦和2Rを例に取ると

オールムーン 1月21日浦和能試 1300m1分33秒0 不合格
グリンカンプ 1月21日浦和能試 1300m1分33秒2 不合格
デビッドタイガー 12月28日船橋能試 800m54秒7 不合格

と、3頭も不合格履歴のある馬がいます。これらはみな、タイムオーバーのためです。

【新馬戦の買い方】by265の人

1200mは結構差しが届くのが大井ですが、さすがに大井1000mはそうはいきません。
逃げ先行が圧倒的に有利です。
なので、能試の内容を見る時は、トータルタイムと同じくらいに
「最初の1ハロン」が重要です。(これは専門紙で確認するしかありません)
馬体派・血統派の人以外は、新馬に関して言えば、できれば新聞があった方がいいと思いますね。
能試、調試② 実践編
①「再能試の馬は買うな」

一度不合格になった馬も次の試験で合格すればデビューできます。
しかも2回目の試験は、「場慣れ」と「ジョッキーもかなり強めに追う」ことで、かなり速い時計が出ます。
例えばデビッドタイガーは、1回目54秒7→2回目50秒9と一気に詰め、
初戦で3番人気に支持されましたが、大きく離れた6着でした。
参考URLココ



②「試験からの間隔」
試験に合格した馬は、次の開催でデビューするのが普通です。
実戦形式で走らせるところまで仕上げたのですから当然です。

ところが中には合格したあと、間隔を空けてデビューする馬がいます。
これはほとんどが中間アクシデントやソエなどで一息入っており、一旦馬を緩めています。
「新馬を仕上げ直す」というのはとても難しく、馬体重が大幅に増減している馬もいたりして、
ほとんどの場合、初戦は大敗します。

となると、だいたいこれで人気がガタンと落ちます。試験を好タイムで走っていても、です。
しかし、初戦を使ったことで大きく変わる馬もいて、こういうタイプが2戦目で穴を開けます。
試験のタイムだけに囚われることなく、柔軟に考えましょう。

能試、調試③ 実践編2
こんな例もあります


このレースにおいてイケノエルニドは能試で1300m1分27秒0をマークしながら
初戦は1300mを1分27秒7でしか走れませんでした。普通こんなことはありえません。
当然、「何らかの原因で実力を発揮できなかった」と考えるのが普通です。

自分はここでその理由を騎手に求めました。
試験と実戦で騎手が違ったからです。

イケノエルニドの試験時の騎手は半澤騎手でした。
決して巧い騎手ではありませんが、曲がりなりにも昨年6勝しています。

前走の騎手は山崎真騎手でした。彼はこの厩舎の所属なので乗っても不思議はありませんが、
昨年の成績は【0-2-3-90】、今年も昨日時点で【0-1-2-56】。そういう騎手です。

調教師は一戦で山崎真を下ろして、戸崎圭太に替えました。
能力や気性だけに問題があると思っているなら、こういうことはしません。
「勝てる騎手が乗れば勝てる馬だ」と見て、スイッチしたのでしょう。

実際は時計を大きく詰めて1分24秒3で1着。独走でした。
それも4コーナーで山崎真のマルカンタイショウをあっさり競り潰して。



     結果



とにかく、能試の時の騎手は大事です。
基本的に能試で乗った騎手がそのまま乗ることが普通なので(若馬なので癖もある)、
そうでない場合は、騎手がかち合っていないかなど、いろいろ確かめる必要があります。

nankankeiba.comの出走馬詳細に表示される「騎手と調教師の初出走時勝率」
なども確認しながら、減点の少ない馬を選んでいくと的中率が上がると思います。
連対率5%以下の騎手一覧(2011/6/3現在)
(以下265の人による個人的見解)
基本的に「連対率が5%以下の騎手」は、よほどの事がない限り軸にはできません。
他にいい馬がいなければ、ケンするかBOX買いをオススメします。
大井はともかく、中央と違って地方競馬は頭数が少ないにもかかわらず、
20回に1回も連対できないような騎手は、相当にキツイ騎手です。

現状5%以下の騎手

浦和 高橋哲、須藤、山崎真、國分、折笠
川崎 山林堂
船橋 山下、田中力、濱田
大井 中村尚、山崎良、小林拓
騎手情報一覧
この記事は中堅の判断しづらい騎手について書いてあります
騎手の力量を知ることで乗り替わりが+か否か判断してください。

【南関東若手&中堅で信頼出来る騎手リスト8/30】

使い方
単純に『この騎手は若手だけど評価を下げる必要はない』ということです。

大井…有年・横川・矢野
川崎…伊藤裕人
   増田
浦和…須藤・高橋哲(良い馬集まればもっと勝てる)
船橋…江川・澤田・脇田・本橋(安定感はまだイマイチだが、差し追い込みはかなり巧い)


◎◎◎騎手はお手馬が被った際取捨選択を間違える事は少ない◎◎◎
素直に騎手の選択を信じるべき。ただし昇級馬・長期休養明け・自厩舎の馬を選んだ時は疑え。
###その際捨てた馬がもとの騎手に戻るのであればそれは普通に狙って大丈夫
地方競馬ちょっとコラム
ぼきんと園田の見解さんの園田攻略
【ぼきん流】

①展開の向く馬しか軸にするな
②馬体重がBESTでない馬を買うな(大幅増減でもBESTに近ければ基本気にしない)
③時計のかかる馬場、軽い馬場での実績を確認
④降級馬は以前より前にいける→つまりレースがしやすくなる=惨敗してても気にするな
⑤近頃負け続けの実績馬は「いつもの位置取り」ができないで負けてるなら穴として有力
⑥同レース内の乗り替わり関係は確認。鞍上弱体化した馬が来るのは基本ない
⑦ただし、乗り替わりで主戦が蹴った馬でも展開が向くのであればヒモにはいれとけ
⑧昇級馬は基本軸にするな、ただ「化物」を感じるなら展開が向くこと前提に買ってもイイ
⑪内枠で惨敗した先行馬は外枠にはいったら惨敗多くとも見なおせ
⑫昇級馬が人気のレースは同クラス数戦の善戦穴馬を狙え
⑬どんなに実績が抜けていようと休み明けは人気なら買うな、人気薄で買え
⑭外枠に先行馬が固まっているレースは基本ハイペースを覚悟しろ。先行馬を買うな
⑮地方競馬はテンの速い馬をチェックしろ、その馬の平均ペースが今回のペースだ。
⑯穴馬=同級キャリア有、持時計メンバー平均脚質通り走れてない先行馬であることが多い
⑰時計のかかる馬場では馬格のある馬を+でかんがえる。(特に園田
⑳「Vライン」の馬を買え。Vラインは+要素
【21】前走化け物馬の先行についていって垂れた馬は次走買い(例ナンシーカメラ)
【24】人気馬に明らかな不安要素があるなら穴に徹しろ
【25】逃げは人気薄の降級馬を狙え(6/98R)→実力あるのにマークされない図式が出来上がる
【26】連戦続きの馬は疑え
【27】JRAでダ1700 1分48~49持っていればC2でも戦える
【30】園田の1400と1230は全くの別物と考えるべき
【31】園田ではBクラスまで行った馬はCクラスに着たら買い
【32】園田では山崎雅からの乗り替わりは買い
【33】三歳戦は休み明けの上位と戦ってきた馬をねらえ(6/16の6Rテイクチャージがいい例
【34】園田は3戦連続着外は降級。つまり二戦連続着外だとやる気は・・ないんじゃないか?
【35】坂本→吉村は鞍上強化?
【39】三歳戦は強い馬との比較で買え
---------ここまで-------------

【園田の見解さん流予想】

【法則のようなもの】

①柏原厩舎で川原さんや田中くんが乗ってきたら、だいたい勝負ですね。
②昔は豪腕の三野と言われていたが馬に持って行かれることが多すぎ
④園田の法則、前にも書いたと思いますが、八木オーナー、
  休み明け、自前の牧場で乗り込み、清水厩舎、下原くん
⑤木村騎手は54キロからの騎乗。

【購入した競馬キンキで直に予想、赤ペンを持って、以下の事項を順にチェックしています】

①厩舎複数出走
②勝たずに昇級する可能性がある保有ポイント
③降級馬と同級連続着外馬
④能力検査と調教の推移
⑤陣営のコメントを前回と比較と体調面の話
⑥騎手の乗り替わり
⑦西脇の馬の西脇TM(中司、伊藤)の印
⑧各TMの推奨馬

これ以外の記事は全く見ません。ただ、雨の時(重ぐらいなら気にしませんが、
馬場に水が浮いているような状態の時)は、雨のデータだけは確認します。
そして、馬柱を見て、馬の優劣を決めて、最後に展開(枠順)を、はめこみます。
全ての作業を全レース行って、約2時間で終えます。


【園田競馬でトータルで回収率を100%以上にし勝てる方法】

①毎日園田競馬場に通う、欠席厳禁
②必ず、競馬キンキを買って予想する、ケチらない
③全レース、馬券を買う、見学レースとか勝負レースとかでバクチをする前に
  レース選択のバクチまでやる必要はない
④ボックスとか流しとかフォーメーションはしない、男なら少ない点数で勝負する
⑤金額の優劣をつけない、100円単位で女々しく買うべきで多額の金額を張り込まない
⑥必ず、レースを見て、反省をする、自分でレース実況をすると印象に残る
⑦必要以上にデータとか資料を集めない、こだわりすぎるとロクなことがない
⑧自分の中に、園田競馬ワールドを築き上げて、その馬券パターンを大切にする

【穴馬を見つけるパターン】

①攻め馬が強化された馬
②内枠から外枠に変わった馬
③前回のレースで見せ場があった馬
④逆に前回のレースでヘンな競馬をした馬
⑤サークル内で噂になっている馬

①は競馬キンキの調教欄を見れば良いので簡単、穴馬を一番探しやすい、誰でも出来ます
園田競馬は、攻め馬を強化したからといって、絶対に馬券に絡むとは言えないのですが、
名古屋笠松競馬はこれが顕著、基本的に本命ばかり、
荒れる時は展開的な妙というパターンが多いので、なかなか巡り会えないですが、
たまたま見つけると、本当に少ない点数(2点買いぐらい)で三連単の万馬券
(人気が偏るので、ちょっと荒れるとビックリするような配当になる)が取れます。
金曜日の場外発売で頑張る人は、必ず、専門紙を買うようにしてください。
②も成績欄を見ると、誰でもわかるのですが、
これは、各馬の特性(気性の難しさとか精神的なもの)を知らないと、何でもかんでも、
外枠が来るわけではないので、やっぱり常連でないと厳しいです。
③④はVTRを見ると良いわけで、ネットが発達した現在では見ることは可能なんですが、
やっぱり、馬券を買わないと・・・。
レースを一通り見ただけでは、なかなか印象には残らないので、
やっぱり常連でないと見つけるのは難しいと思います。
馬券を買って、ひどい目、悔しい目にあって、反省して、
今度こそ!という気持ちが記憶の蓄積につながります。
⑤はどうでも良いのですが、そういう馬がいるのは事実です。競馬キンキを見ると、
それらしいことが書いてあることもあるので、ぜんぜんわからないということもないのですが、
経験を積まないと難しいので・・・。いわゆる関係者馬券と言うのかな?

だから、やっぱり、競馬キンキを買ってほしいです。紙質は悪いし、
データはソコソコ記載されていますが、他の内容も薄い、正直、値段的にどうか?
と思いますが穴馬を見つけるにはかかせないですし、情報源はこれしかないです。

JRAは、距離がバラエティー、芝やダート、競馬場がコロコロ変わる、
調教もほとんどの馬がそれなりにやって仕上げてくる、このようなことから、
いくら頑張っても、ある程度の資力がないとなかなか良い馬券は取れないです。

もちろん、当たるとデカイですけどね。
園田の見解さんの一言
【ナイターと園田の未来】

競馬キンキの北防TMが言っていた通り
園田競馬場のナイター化のお話が進んでいるようです。
組合としては、今年実施しなかった姫路競馬を実施して、その間に工事、
そしてナイター競馬、さらにそれにより、再来年はJBC誘致となると思います。
しかし、ナイター実施は、前向きな話ではあるが、
全てが終わる可能性を秘めた最後の手段だと思います。
このことにより、成功とは言えなくても、少しでも利益が上がれば良いのですが・・・。
最近、急に若手騎手の撤退が目立ちます。騎乗機会が恵まれない若手が嫌気をさしたとか
勝負の世界での負け組が去ったとか、まあ色々言われますが、やっぱりそうでしょうか?
去っている原因は、組合に入ってみて、思った以上のドロ船状態に
将来が見えなかったからではないでしょうか?

私は、10年後、園田姫路競馬は廃止されていると思います。

それぐらい、私がバクチを始めた8年前とは、雰囲気が雲泥の差、
どうにもならないヒドイ状態だと思います。
完全な老人ホーム(失礼な表現ですいません)です。
組合の経営努力が足りないからでしょうか?人件費が高いのでしょうか?
まだまだ節減できることがあるはずなのに、それをやらないから
売り上げが伸びていないのでしょうか?絶対に違います。
日本という国自体が沈んでいますし、これからもどんどん沈んでいくので
生きるために不要なものはどんどん切られていきます。
私のような、お金も持っていない貧乏人ばかりが張り付いていますので、
厳しくなるのは当たり前です。生きる力の弱い人間が集まるところには、
パワーも生まれません。つまり、もう消えてなくなる宿命なのです、時代が変わったのです。

私も50を超えていますし、老人の部類に入ると思いますが、
別の時代の流れに乗ることにしました。
来月から平日に全てアルバイトをすることになりました。
よって、園田競馬から完全撤退することにしました。
それでも、無職状態は変わりなく、厳しい生活がつづきますが、まあ、残り少ない人生
今の生活を続けて、野垂れ死にすることになります。
それでも、来週だけは頑張りますよ、最後の良い馬券を取りたいですね。

【園田か人生か】

園田競馬は、同じような距離、ダートのみ、同じ競馬場、調教の強弱がハッキリしている、
このようなことから、荒れた馬券でも、ある程度のパターンが決まっていますので、
少ない投資でソコソコの配当が簡単に取れることがあります。
ただ、これも、時間をかけて経験を積まないと、そんなにうまくいくものではありません。
毎日通学して、専門紙をよく読んで、必ず馬券を買って、レースをきっちり見る、
つまり園田競馬場に張り付く人生を敢行しなければなりません。
そんなこと、仕事をしている人には無理ですし、
私のような社会的に厳しい立場にいる人間(世捨て人)しか無理でしょう。
その私も、これからはさらにその立場が制限され
園田競馬にかかわる時間が少なくなります。時間をかける事が出来なければ
馬券で楽しむ事は出来ても、お金は捨てていくことになります。
つまり、馬券で良い思いをすることは、絶対になくなります。

勝てなくなる、負ける状態ばかりになります。

今、ギリギリの生活をしている私には、そんな余裕(負けても構わない)はないです。
事実、今年から土曜日のJRAを頑張ろう!
今まで、園田競馬で経験した馬券術を生かそうそう思って挑戦したのですが無残でした。
ぜんぜん当たらないです。即やめました。
時間をかけられない園田競馬もいっしょ、もう絶対に勝てないはずです。
よって、しばらくは競馬ともお別れ、また、機会があれば頑張りたいですが、
もう廃止されて、その機会もないでしょう。

ミスターシービーで感動して競馬を本格的に始めて、こんなおもしろいレジャー、
もっと世間に広まるだろうと思って、そのとおりになって、武豊の登場、
オグリキャップやナリタブライアンで頂点、

私が競馬を始めた頃と盛り上がりが全然違います。

時代の流れ、JRAすら厳しくなる時代が来るとは・・・、まさかまさかの世の中になりました。

地方競馬の格差社会
710 :265の人(次レスからコテ外します) ◆ZnBI2EKkq. :2011/06/23(木) 01:58:10.90 ID:W52/jRCg0
それでは地方競馬のレベルについて簡単に・・・

大まかに言えば、「賞金額に比例する」のが普通です
とりあえず、古馬最下級条件の1着賞金額を比較してみましょう

門別:15万円
岩手:10万円
南関東:80万円
金沢:20万円
東海:13万円(賞金3着まで)
園田:20万円
福山:12万円(賞金4着まで)
高知:9万円
九州:10万円

要するに「南関東」と「その他」なのが現状です。
園田と金沢はいくらかマシなので、2番手グループの中では多少上位でしょうか。

ではここからは実情に合わせて細かく見ていきましょう
(以下はあくまで個人的見解です)
2歳戦のレベルは
道営認定競走≒南関東>>各地の認定競走>道営一般戦>園田・金沢>東海・佐賀・岩手>荒尾>福山
(高知はほとんど2歳馬が入厩せず、12月に一般戦と金の鞍賞をやる程度)

大まかに見てこんなところでしょうか
「認定競走」は詳しくはwikiなどを参照して欲しいですが、勝てばJRAへの参戦権利が得られるレースで、
なおかつJRAからの賞金補助も出ているので、一般レースとは賞金もレベルも大差があります

道営の2歳戦はいわゆる「ショーケース競馬」で、ここで好成績を残すと
中央や南関東へ移籍していくことになります

最近はグランド牧場・ラフィアン系だけでなく、社台・ノーザンも足元に不安がある馬などは
道営で下ろし、それから中央や南関東へ持っていくケースが出てきました
地方競馬での一口馬主も認められるようになりましたしね
(クラーベセクレタはサンデーレーシング)

南関東・道営以外では、やはり園田でしょうか
2歳の特別・重賞も多いですし、他の競馬場に比べれば条件はマシです

意外に金沢も侮れません 金沢は中央競馬の商圏から半ば外れており、
「JRA?何それおいしいの?」のやや独立した気風があり、ここでしか馬を持っていない人が多いです
兼六園ジュニアカップのような出世レースもあり、
最近でも金沢デビューのブラックムーンが大井の東京2歳優駿牝馬を勝つなんてことがありました

あと、大井をやる人は佐賀競馬をチェックしておくといいでしょう
なぜかというと、大井の関係者には佐賀ラインの人が結構いるんです

代表的なのは的場(兄・信弘は佐賀の元騎手・調教師)と、
真島(父は佐賀の現調教師、叔父は佐賀の現騎手)

それにいまやJRAの人となりましたが、内田博幸もこのラインです
内田博の兄・秀一騎手と的場文の兄・信弘騎手が佐賀の同じ厩舎所属で、
その的場兄に弟・文男の兄弟子にあたる松浦備師を紹介してもらい上京、
というのが彼の騎手人生の始まり

これにより、佐賀で好成績を挙げた馬というのはよく南関東に移籍します
あまりA級まで行く馬はいませんが、B級~C1ぐらいならゴロゴロいます
「佐賀→大井は初戦から買ってもOK」は格言と言えるかもしれません

かつては「名馬のふるさと」だった岩手・東海の地盤沈下は激しいです

岩手は地方競馬の中でも最大の赤字を抱え、度重なる賞金削減で競争力を失いました
そして何が一番問題かというと、「先行争いがぬる過ぎる」ということ
水沢はともかく、ヘタに超大型の盛岡を作ったせいで、序盤から競るレースがほとんど見られません

岩手からの転入馬が南関東に入ると、よほど格上でない限りまるで通用しないのは
このテンのスピード差についていけない馬がほとんどだと、私は考えています

他の地方競馬もレベルはそう高くないですが、だいたい小回りの1周競馬なので、
序盤の位置取りがいい馬でないと連勝などできず、必然的にテンの速い競馬には慣れています
だから中には南関東に来ても通用する馬がポツポツいるんですが、
岩手(というか盛岡で連勝している馬)だけはその確率がかなり低いので、注意が必要です

東海は・・・賞金見れば分かりますよね
なんですか、「下級は賞金3着まで」って
そんなの終わってますよ

それでも名古屋はまだ資金力のある馬主や、
中央とつながりのある調教師が必死になって支えているので、
なんとか園田を相手に食い下がっています

問題は笠松
度重なる存廃騒動などもあり、名古屋以上にレベルの低下は激しいです
いわゆる「ホースケア厩舎」が出てくるのも、在厩馬の急激な減少がもたらしたと言えるでしょう
笠松の調教師のランクを見る時に、勝利数を見てはいけません
見るべきは勝率・連対率です 大量出走で生計を立てている厩舎が少なくないですから・・・
連対率4割を超えている、伊藤強一・柳江仁・柴田高志
馬主のバックアップもあるこの3厩舎は、見かけたらとりあえずマークしましょう

福山は・・・正直存続させるのが目一杯
あまり馬券を買いたくなる競馬をやっていないなぁというのがホンネ
だからこそ存続が危ないんでしょう 「迷ったらとりあえず三村」が合言葉

荒尾は佐賀に比べると二枚落ちです
地元の荒尾ダービーを、わずか3頭枠しかない佐賀所属馬に12連勝されているというのが
荒尾のレベルの現実です
しかし今年の佐伯厩舎の連対率は異常だな・・・なんだ53.4%ってw


【南関東の中でのレベル】

数年前までは

船橋>川崎>>大井>>浦和

というのが厳然としてありましたが、
今は川崎が所属頭数減に伴いややレベルが下がり、
大井の調教師が代替わりして少し底上げが見られます

とはいっても今年の東京ダービーが
船橋→川崎→浦和→大井→船橋→川崎→川崎で決まったように、
やはり「A級と3歳の強い馬は船橋と川崎」というのは変わっていないと思います

浦和のレベルについては・・・先日の浦和開催での「スーパー船橋タイム」で説明不要かと。
文字色

こんなところですかね。
パドック&馬体の見方の各コテの意見
避難所にてゲンチマンさんがパドックに関する意見を述べられていたのでここで保存
これについての意見が増えれば更にカテゴライズして追加していく予定。


----------------------------------------------------------
   さきほどまでここに転載許可いただかずに名無しさんの>>533の意見を転載していました、
   本当に>>533さん申し訳ありませんでした。
-----------------------------------------------------------  


①ゲンチマンさんのパドックの見方

534 :ゲンチマン:2011/11/04(金) 11:16:47 ID:ZIBBynugO
こんにちは。このスレでは稀少なパドック派ゲンチマンでございますヽ(´▽`)/
自分のパドックに対してのスタンスをちょっと書いてみます。

まず前段として、馬券的アプローチからですが。
パドックって実は結構重要なファクターなんじゃ?と考えてます。
持ち時計や上がり時計、レースラップ、更には調教時計まで。所謂デジタルと呼ばれる物はかなり研究されていて、突き詰めると大体似たような結論となってしまいます。これでは人の裏に行きにくいため、ギャンブルとして旨味がないです。
対してパドックや返し馬などの所謂アナログと呼ばれる物は、数値化しにくい上に主観的要素が満載、さらにはリアルタイムでないと確認出来ないため、裏をさっくり取れるアプローチな訳です。
なので、事前しか買えないならあれですが、リアルタイム参戦中なら、パドックは絶対見てから買うべきと思います。


続く。

535 :ゲンチマン:2011/11/04(金) 11:17:43 ID:ZIBBynugO
次に予想的アプローチから。
自分はパドック見ますけど、それだけで買うことはあまりしません。予想に占めるパドックの割合は、全体が10なら3~6の割合です。
10をパドックで決めれる人は、それで商売出来る人だと思いますし、そこまでいくのはかなり大変(ぼきんちゃんの言うように、いないことは無いですけどね)。
後は、パドックダメダメでも走る馬は走りますし、逆に見栄えするけどサッパリ走らんなんてのもいくらでもあるので、そこを全てとするのは怖いんです。
なので、事前に予想を組み立てた上でパドックで上げ下げする感じです。前にここでも書いた、『パドックはスパイス』て表現がしっくり来ます。
ちなみに、この上げ下げの度合いが、さっき書いた割合に直結するんですが、実力的に横一線(と思った)な時とか、2歳戦は割合が高くなります。逆に重賞は小さめにします。
この辺は馬券スタンスにも直結する話なので参考まで。

536 :ゲンチマン:2011/11/04(金) 11:18:39 ID:ZIBBynugO
最後にパドックの見方について。

ズバリ勘!
…( ; ゜Д゜)
…ていうのは言い過ぎですが、まぁ大体そんなもんですww
とはいってもなので、自分の見方を。ちなみに確りやろうとするなら、JRDBの赤木さんの本とかを見た方がいいです。


①まず全体的に眺める。
…遠目に立って、各馬の、何となく醸し出すオーラ、バランス、ぱっと見の歩様、毛艶、張り、イレコミ等を感じ取る。
これは状態確認を主眼にしてます。状態悪いと歩様とか、馬体の感じに多少なりとも出てくるはずですから。
ただし、余り細かいことは気にしない様にしてます。あら探しをしてしまうと、マイナスはどこかに出てきてしまいます。最終判断時にそのマイナスばかりが強調され判断を見誤るのを避けるためです。

②適性の確認
馬体の造りから、今日の馬場傾向に合う馬を探します。
例えば、この馬は筋肉マンでいい造りしてるけど、今日のようなタフな馬場だと、最終的にはバテるだろうから下げ。とか、
今日は薄い造りのスピードが勝ったタイプが来てるから、傾向にあってるこの馬上げ。みたいな感じです。
感覚としては、今日来てるから血統を買う!ってのに近いかも。

③縦の比較
暫くパドックやるようになると、同じ馬を続けて見ることになると思います。
そこで、前走または良かった時との比較をして上げ下げをしていきます。
連勝中の馬を疑ったり、実績馬の復活を見極めれれば満点です。

今やってるのはこんなもんです。これくらいしかわかりませんし、これくらいでとりあえずは充分とも思います。

長くなりました(*´-`)





各クラス別強い馬リスト BKN編
成りあがり

それは男のロマン。この記事では近走出したタイムが
今いるクラスより上のクラスでも通用する馬をピックアップしました。
あくまでその競馬場においてという事でお考えください

(注)あくまでその馬が自分のペースで競馬できた場合です。
後勝てるじゃなくて、3着以内という意味です。
その条件が満たされないと10/11のハネムーンゴシップみたいになることもあります。
精度を上げるために総合的な勝率、複勝率もかこうかなと思ってます。

【浦和】馬場が重いなら逃げ馬は疑う。

7月から10月開催までの集計。

【C2まで】ブルーノート、トーセンアマテラス、レモンバーベナ(逃げれるときのみ)
      チェリールージュ シーマリア ワインドアップ シゲルマンゴー
【C1まで】トーセンオウジ サクラマニフィーク(ギリギリ)
      カシノダイナマイト(ギリギリ) リュウノエレガンス レッドハート
      ジンライムシュガー シャトーギャルソン カヤドーモトヒメ(脚質注意)
【B3まで】ヴォワドランジュ トーセンファミリア トキノローズ
      プレミアムゴールド ギデオン ヒラボクソング(ギリB2も?)
      ハネムーンゴシップ バンダ ランニングシューズ
【B2まで】マイネホコモモラ(逃げれる時のみ)ジーガーゴールド

【2歳なのにここまで通用しちゃってるぜ枠】
パッションロード(C2)アイディンゴッテス(C2)

【川崎】

【C2まで】
      
【C1まで】

【B3まで】
      
【B2まで】

【2歳なのにここまで通用しちゃってるぜ枠】
【大井】

【C2まで】
      
【C1まで】

【B3まで】

【B2まで】

【2歳なのにここまで通用しちゃってるぜ枠】
【船橋】

【C2まで】
      
【C1まで】

【B3まで】
      
【B2まで】

【2歳なのにここまで通用しちゃってるぜ枠】
船橋の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである

【船橋 馬場情報】  1/10~9/28

☆馬場が一番重いのが1/10~1/14これを±0とし基準に
ーの数字が増えるほどタイムが早く軽くなる。
【フラット】=1/10~1/13,3/12、4/2、4/30
【-1.0秒程度軽い】=2/6、2/10、3/13~3/16、4/4,4/6
             8/8~10 7/19~23 9/3(左記3つ内側重め)、
             9/27、9/284R以前  
【ー2.0秒程度軽い】=2/7~2/9 9/4.5 9/24 9/28 5R(確実なのは6R)以降
【-3.0秒程度軽い】=6/18~21 9/25 9/26

【注】④の馬場までは、フサイチアデクタムのような最後方待機の追込
が決まるが、⑤の馬場はそういうのを超越してるので
素直に前で残れる馬を探したほうがいいと思う

【注2】9/27・9/28の前半の結果については
    騎手が馬場をわかってなくてたれたパターンも考えられるので
    あまり参考にしないほうがイイ。-0.5から-1.0の重さ。

南関東若手&中堅で信頼出来る騎手リスト8/29
使い方

単純に『この騎手は若手だけど評価を下げる必要はない』ということです。

大井…有年・横川・矢野
川崎…伊藤裕人(森の乗り替わりをきっちりこなす)
    増田(そんなに勝ってないが、下手な騎乗も少ないイメージ)
浦和…須藤・高橋哲(良い馬集まればもっと勝てる)
船橋…江川・澤田・脇田・本橋(安定感はまだイマイチだが、差し追い込みはかなり巧い)
要チェック馬 2012 10/11ましまろ編
地方競馬のお勉強スレ、ましまろ の推奨馬。

【このリストにいれる定義】
元レースで勝利

元レースで負かした馬5頭以上(大井は6頭)がその後のレース(期間は大井は2開催後、他場は次の開催まで)で馬券に絡む(元レースの勝ち馬自身も含む)。

元レースの勝ち馬をリスト入りってな感じになっております。

自分は、もちろんこの強い馬が勝ったレースに出走してた人気薄の馬を狙うことにも使ってるし、
このリスト入りした馬がクラスの壁に当たって、再度クラス落ちしてきたところを狙うのにも使っております。


【ましまろ推薦】
【大井】
B3
ハクユウコマンダー(4大)(6大)
グラスグローリー(4大)
マキノルーチェ(4大)(5大)(9船)
リボルトレイダー(5大)(11大)
モリデンクーバー(4船)
キーパー(8大)(6船)
キャニオンブレイク(12大)
アドレッセンス(13大)
C1
サクシード(3浦)
コアレスコマンダー(4大)
ジャストロード(4大)
ダブルスコア(5大)
アザヤカサクラ(5大)
ケイアイボルト(6大)
ブリリアントレッド(6大)
ミライブリリアント(6大)
カミノマーチ(6大)(8大)
アーノルドツヨシ(7大)
クロエチャン(10大)
バトルハーン(11大)
ピュアーフォンテン(11大)
C2
マルサンアセット(4大)
ベニス(4大)
ホクソウプリンセス(4大)
モエレマイカ(5大)
キョウエイゴールド(7大)
ブラックシップ(7大)
ユウチャン(8大)
ウエスタンベルーガ(8大)
プラチナディスク(8大)
サンターナズギフト(9大)
タカオオリンピア(13大)
C3
チャレンジパワー(4大)
オーミスプラウト(5大)
フォールズマウス(7大)
マイハマアムール(8大)
アイスマン(8大)
モエトレゾール(11大)
イーストファンガン(12大)

【川崎】
B3
ノーブルブラッド(4川)
サイレントドン(3浦)(7川)
C1
スパンキーボス(5船)
クイーンサバンナ(6川)
アドバンスピール(7川)
アステカ(7川)
C2
キャプテンダリア(4川)(5川)
セユーウルフ(4川)(5浦)
プレストクィーン(4川)
トレノジャイアント(4川)
ヤヘイキンボシ(4川)
トウカイアローネ(4川)
ヴァイタルジョワ(5川)(7川)
ジュウニントイロ(5川)
チビスパ(5川)
ミッドナイトブルー(5浦)
ベンスプライト(7川)
カンクロ(8川)
スパーキングガール(8川)
トーホウサプライズ(10川)
C3
チェリーベビー(4川)
フリートファルコン(3浦)
ヒネラウカタウリ(5川)
エクセルブレイド(5浦)
ベルモントリコ(6川)
クレバー(6川)
ピーエムイレブン(6船)
レオヒリュウ(7川)
フォルセティ(7川)
サーペンヴィグラス(9川)
ティアップソフィー(10川)
トウカイユニバース(10川)

【船橋】
B1
サチノシェーバー(5川)(6川)
B2
レノヴァティオトラ(4船)
マイネルクローバー(5川)(6川)
B3
リアルボイス(4川)
フレンチ(5船)
カンユウ(6船)
ランニングシューズ(5浦)
ゴールドリーダー(7川)
シャイニードラゴン(7船)
グラッドクライ(8船)
C1
マシェリーアンジュ(4川)
ブライアンズコンガ(4船)
キンバーライト(5船)(5川)
ナナコマチ(5船)
パラダイスデイ(4浦)
マトゥリアルカ(6船)
C2
レッドインサニティ(4船)
テンシノオリジナル(5浦)
シンボリボーテ(5船)
マニクーレ(5船)
イケイケトート(5船)
サイレントイーグル(5川)(7川)
ダンピエール(5船)
シゲルフクシュニン(5川)
ラストロマンス(6川)
ゲンパチロッキー(6船)
アーサリリー(4船)(7船)
マーベラスタイム(8船)
ワスカラン(8船)
トーセンクリオネ(9川)
ヤワタフレンド(9船)
ヒシジェントリー(9船)
C3
トーセンジャンボ(3浦)
ダンディーハット(4川)
マイネルバイタル(4浦)(9川)
スピードチャールズ(4浦)
タカヒロジュエリー(5船)
ソラチナサブマリン(7川)
ヤワタサンデー(8船)
サクラマニフィーク(9船)
【浦和】
B3
マイネクラレット(8川)
C1
セイエイアチーブ(3浦)
マイレディーキセキ(4川)
C2
カヤドーモトヒメ(5浦)
ブルーパメラ(5浦)
テントウムシ(7川)
レッドハート(7浦)
アビイ(7浦)
C3
ライラハリケーン(3浦)
ガッツパワー(3浦)
モエレシュギョク(3浦)
ゴールドプレイヤー(4浦)
コレデショウブ(4浦)
アイラヴキャンディ(4浦)
マチコセンセイ(5船)
セイリュウザクラ(5浦)
エフテーアッサン(5浦)
ダイワクリスタル(6浦)
ノースアグネス(9川)

浦和の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである

【浦和  馬場】1/30~10/11
①馬場
・基本的に1400,1500は外枠有利。
・5月開催とそれ以前で同じ良馬場でも軽さが違うので注意
・4月開催は雨で馬場が毎日変わってたので無視。
・逃げ馬のペースがどうなるかで着順が変わるので
 先行馬なら、逃げる馬のペースに対応出来るかなどの
 チェックは必須となりそう。
・上位クラスでスローになるなら先行馬はヘイロー持ってる奴を
 狙ったほうがいいぽい
【-2.0秒程度軽い】5/28~6/1

【-1.0秒程度軽い】7月、8月開催全部
           10/9,10.11
【フラット】2/20~2/24 3/22~23
      9月開催全部   
【+1秒】1/30~2/3、3/19~21、
大井の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである

【大井 馬場情報】7/29~12/31

【馬場時計差】

砂80ミリ時(マイナスは数字が増えれば増えるほど軽い)
【-1.5~-2秒】9/20の序盤 11/27の序盤
【フラット】→7/29~8/2、8/12~8/17 8/27~31
        9/17,18,9/20の7~11R(気持ち軽めで)
        10/22.24.25.26      
【+0.5秒】11/11と11/16 12/27~28(但し両日最内は-1秒クラス)
       12/29(フラット)   
【+1秒】9/19、9/20の後半9/21.10/1~10/5
     11/12~15(最内重)、10/23、11/25?
     11/26~30 12/30,12/31の6R以降

【前半高速馬場】12/31の1~5R

・但し、プラス1秒の日の前半の1~3・4Rは
高速馬場であることが多いので気をつける。
10/23は保留で。

・+0.5の日は最内が軽いか、向こう正面が軽いかなど
 微妙に変ってる理由があるからそこに注意する。時計だけで考えない。

------------------------------------------ 
        
【馬場の特徴】
①乾いてると軽い
②湿ったら向こう正面~コーナーが重くなる(1,2日は内側も軽くその後重くなる
③湿ったら上がりがかかるようになる。
④雨が降ったら基本的に出る時計はプラス1秒。
  でも1200以外は軽い部分でスローだったりすると
  より時計がかかったり、早ければ時計が普通と変わらなかったりする。
⑤前述の事から馬場の軽重は1200で確認するのが一番イイ。
⑥+0.5秒馬場の日は向こう正面が軽くなってるという意味合いが強い。
  脚質的には+1秒でダメだったまくりや差し馬が生き返る。
  内側が重いなら先行は買えないが、フラットなら前のほうが基本有利
⑦不良馬場の日の持ち時計、1~4Rのモノなら
  疑ってかかるべしべし。例外的に早い。
----------------------------------------
川崎の馬場差&ポイント
【重要】
この馬場指数表を単純な持ち時計計算するときの注意点。
2回、同じメンツで同じラップでレースをしたと仮定した時に
馬場だけが1回目がフラット、2回目が-1.0秒軽くなったと
仮定すると。
逃げ。先行馬は数字どおり1,0秒タイムが早くなる可能性があるが
差し、追込馬は0.5とかくらいで考えておくのが無難。
軽い馬場を最大限に活かせるのは前に行く馬。

逆に言えば、-1.0軽い馬場から重い馬場になった時に
逃げ・先行馬の予想タイムは+1.0・・ないし
仮にラップがより早くなれば惨敗まである
【川崎 馬場情報】  6/11~1/1(9月除く)

◎馬場が乾くのが早い競馬場。1日で1秒近く重くなったりする。

①【フラット】 7/25~ 8/20~24 10/15,16,17(1-5R)11/4.5
        12/17(道中最内が-0.5程度有利、34角直線クソ重いパワー必須特殊馬場例外扱い推奨)
        12/18~21             
②【-1.0秒程度軽い】=6/15.10/17(6-8R) 
③【ー1・5秒程度軽い馬場】=9/6 7/24(②かも)
④【ー2.0秒軽い馬場】=6/14. 7/2、7/5、7/6,10/17(9-11R)、11/8.11/9(内側やや重)
                1/1
⑤【-3.0秒近くレコード馬場】=6/11.12.13 特に12日は早すぎる
                    7/3、7/4.10/18.10/19、11/6,11/7(最内重)

11月開催の雨降って不良になった火曜日以降はこういう馬場の経緯
------------------------------
雨降った日→不良内外フラットー3秒
1日経過→内側重くなるけど外通れば-3秒程度
2日経過→内外フラットー2秒程度
3日経過→内側重くなっても外通れば-2秒程度
---------------------------------------
内側から乾きやすいのかな川崎は。断定はしないけどメモ

#⑤の日のタイム、ラップは信用しないのが無難
川崎の雨降ったあとの【普通】の軽い馬場は④
ここからは妄想だけど4月以降馬場はイジられてると思う。
1.2.3月の雨ざんざんぶりの不良馬場と比べて
同じような雨量でも1秒以上早くなってる。
#フラット日は他の日と全く別の考え方が必要
①出るタイムはフラット馬場、外の方がほんの気持ち良い程度。
 馬の持ちタイム比較は信頼出来るのは同じ馬場の10月15,16,17の前半と 11/4.5
 8/20~24は気持ち程度の参考。
②1400・1500はペースが早ければ差しズブズブ、スローならいったいった&まくり
 スローの際は先行馬は瞬発力があるかが大事。まくりは外枠でないときびしいかも。
③1600は上を基本に差しに比重を傾ける感じ。
④今開催はハイペースタイプの逃げ馬は相当きびしい。
 スパンティークが良い例。脚をためれても、キレないので
 先行勢力に刺されてしまうから。
 スタミナか瞬発力か、どちらかを持っていないとダメ。
⑤直線で上がりが無駄にかかるので、差しが基本買える開催になる。

【川崎基本チェックポイント】

①逃げれるかどうか、テンの速さをチェック。
②逃げ馬のペースに対応できるか、Hペース型か瞬発型か。
Copyright © 2017 がめおべあ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。